金投資による低リスク資産運用のススメ

金投資による低リスク資産運用のススメ
ADVICE OF A LOW RISK ASSET MANAGEMENT BY A GOLD INVESTMENT
金の投資商品、純金積立の取扱会社を徹底比較!

金の投資市場が熱くなっています

金投資による低リスク資産運用のススメ資産運用の商品は、株やFX、不動産などさまざま形態があります。
そのようななか、金への投資が注目を集めているのはなぜでしょうか。その理由を紹介しましょう。

(1)金そのものに価値がある 株や債券のように発行主(企業など)が存在せず、
企業の倒産などで価値がなくなるといったリスクがない。
(2)世界中で通用する資産 金は、通貨の枠をこえた世界共通の資産。いつでもどの市場でも換金できる。
(3)手元に実物があるという安心感 紙やデータでしか残らない株や投資信託とは違い、
実物を持てるという安心感を与えてくれる。
(4)政治・経済情勢の影響が少ない 不景気や金融危機など経済不安になると、金の価格が上昇するのは
「金に価値があること」を誰もが知っているから。それだけ信用力があるモノであると言える。
(5)長期的な投資に最適 株や債券などと比べ、価格の上下幅は少なく安定している。
ゆえに長期的に見ても、金そのものの価値が損なわれることはない。
(6)保有しているだけでは税金がかからない 不動産を保有していると固定資産税がかかる。
ですが、金は保有しているだけなら税金はかからない実物資産である。

最近では、欧州の通貨危機ゼロ金利時代が長引く日本の金融事情などが
金相場への投資に注目が集まる大きな要因となっているようです。

金のローリスク投資「純金積立」を取り扱っている会社ランキング

賢い純金積立のポイントとは?

低リスクで、中長期にわたり資産を運用できる。そんなメリットのある純金積立だからこそ、気にすべきポイントは取引にかかるコストです。
純金積立にかかる大きなコストとしては、「年会費」「購入手数料」があります。

純金積立の取扱各社によって、その内容や金額はバラバラ。なので、目標としている積立金額や期間に応じて、できる限り取引コストを安く抑えられるようにするのが、賢い純金積立のポイントと言えるのです。ここでは、主な取扱会社ごとに、月1万円ずつ積み立てた場合のコストシミュレーションをしてみたので、参考にしてください。

【純金積立取扱会社別】月1万円積み立てた場合の取引コストシミュレーション表

取扱会社 5年間の取引コスト 10年間の取引コスト 15年間の取引コスト 20年間の取引コスト
KOYO証券
●年会費:1,500円
●手数料:
0円
7,500円 15,000円 22,500円 30,000円
SBIネット銀行
●年会費:0円
●手数料:250円
15,000円 30,000円 45,000円 60,000円
楽天証券
●年会費:0円
●手数料:262円
15,720円 31,440円 47,160円 62,880円
マネックス証券
●年会費:0円
●手数料:262円
15,720円 31,440円 47,160円 62,880円
三菱ゴールドパーク
●年会費:864円
●手数料:250円
19,320円 38,640円 57,960円 77,280円
田中貴金属工業
●年会費:1,080円
●手数料:250円
20,400円 40,800円 61,200円 81,600円
岡安商事
●年会費:3,240円
●手数料:250円
31,200円 62,400円 93,600円 124,800円

※手数料はすべて1万円積立時の場合

このようにしてみると、同じ金額でも長く積み立てれば積み立てるほど、年会費や手数料といったコストの差が大きくなることが分かりますね。

初めての人は純金積立がオススメ

初めての人は純金積立がオススメ金投資のなかで、比較的リスクが低いとされるのが純金積立です。
月々1,000円くらいから始められるため、投資は初めてという人に最適

毎月コツコツ積み立てていきたい…そんな純金積立を賢く運用サポートしてくれる会社を調べました。
年会費、手数料といった取引にかかるコストなどで比較しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

純金積立でローリスク金投資!絶対におさえておきたい会社BEST5≫

 

純金積立と税金

純金積立で利益が出た場合には税金がかかります。具体的には、投資として積立をしている期間の含み益には納税の義務は生じませんが、純金売却によって利益が生じたら、その利益額に応じた税金を納める必要があります。

個人で純金積立を行っている場合は確定申告をして納税をすることになります。確定申告において、純金積立で得た利益は、本業以外の所得である「雑所得」として扱われることが多いです。

但し、年間の給与収入が2000万円以下で他の雑所得の利益が20万円以下の場合は確定申告の義務はありません。不明な点は必ず、お住いの地域の税務署に確認をしましょう。

その1.所得税

所得税とは、事業などで得た利益に課される税です。純金積立で得た利益にも所得税がかかります。

確定申告の際に雑所得として計上するか、譲渡所得として計上するかで所得税の算出方法は異なりますが、どちらの場合も所得が2000万円以下且つ、他の雑所得と合計した利益が20万円以下の場合には所得税は課せられません。

但し、前述のような所得税がかからない状況でも、確定申告をすることは必要なので、忘れずに所定の期間内に申告するようにしましょう。

その2.消費税

純金積立では純金を購入しますが、日常でのお買い物と同様に、純金を購入する度に消費税がかかります。

消費税の金額は購入金額に比例します。現在の消費税率は8%ですが、2019年10月からは10%に引き上げられる予定です。

当然ながら、純金を購入する際には、純金そのものの金額と同時にそれにかかる消費税も考慮しなければなりません。購入額が高額になると、消費税だけでもそれ相応の金額になりますので、注意が必要です。

純金積立にかかる5つの手数料

純金積立には取引に応じて手数料がかかります。ここでは純金積立の取引に関わる代表的な5つの手数料についてご説明いたします。

下記にご説明する手数料のほかには、解約時にかかる解約手数料などがあります。手数料の種類や額は会社によって様々です。

特定の手数料がかからない会社もあります。詳しくは口座を開いている会社に確認をしましょう。どの手数料も1回分はそれほどの金額ではありませんが、回数が増えていき積もり積もるとそれなりの金額になります。

純金積立では、常に手数料も意識しておかないと想定していた以上に手数料でお金がかかってしまったということにもなりかねません。純金積立を始める前に、手数料の種類と内容についてしっかり理解しておきましょう。

1.購入手数料

金を購入する時にかかる手数料で、ほぼ全ての会社で購入の度に発生する手数料です。購入手数料は投資につきものといってもよい手数料で、額は会社によって異なります。

多くの場合、購入手数料の額は購入金額に比例します。金を購入する際には購入手数料がいくらになるかも必ず確認しましょう。

購入する度に発生する手数料なので、一回分の金額は大したことがなくても年間で考えると看過できない金額になる場合もあるので注意が必要です。

2.売却手数料

金の売却が成立した時にかかる手数料です。購入手数料と同じく、投資にはつきものの手数料で、多くの場合、売却手数料の額は売却金額に比例します。

当然のことながら、売却取引の回数が多ければ多いほど、売却手数料は生じます。但し、最近は売却手数料を徴収しない会社も多くなってきました。

もし、少しでも手数料を少なくしたい場合は、売却手数料を徴収しない会社を選びましょう。尚、売却手数料は無料でも、売却した金額を振り込む際には振込手数料がかかります。

3.スプレッド

スプレッド(英表記:spread)は、英語で「広げる」という意味を持つ単語です。純金積立など投資の世界では、購入金額と売却金額の差額を指してスプレッドと言います。

相場は常に変動していますが、基本的に度のタイミングでも金の購入価格より売却金額は低く設定されています。この差額がスプレッドです。

スプレッドは会社によって差がありますので、会社を決める際にはその会社のスプレッドがいくらなのかを確認しましょう。

4.年間費

口座を所有しているだけで、売却や購入の回数に関係なく、何の取引をしていなくてもかかる手数料です。一般的なクレジットカードの年会費のように一年に一回、支払いが生じます。

年会費の額は会社によって異なります。初年度のみかかる会社や、年間費が無料の会社もあります。

極力、経費をかけないで純金積立をおこないたい場合は、年間費が無料の会社を選ぶのも選択肢のひとつです。支払いが一年に一回とはいえ、無いに越したことはありません。

5.引き出し手数料

純金積立の口座から、現金として引き出す時にかかる手数料です。解約時に残額を手元に引き出すときにも引き出し手数料はかかります。

引き出し手数料の額は、引き出す金額に比例する会社が多いですが、引き出す金額に関わらず、引き出し手数料が一定額の会社もあります。

口座からお金を引き出す場合は引き出す額の他に、引き出し手数料も考慮しなければいけません。

引き出しの度にかかる手数料なので、当然のことながら、引き出し回数が少なければ少ないほど、引き出し手数料はかからずに済みます。

純金積立の注意点と失敗例

少額から始められる純金積立は、比較的リスクの低い投資です。しかし投資である以上、元本割れのリスクは存在します。

取り返しのつかない事態にならないためにも、事前に注意すべき点やリスクについて理解しておきましょう。純金積立を成功させるためにまず注意しなければいけないのは、積立を始める際の会社選びです。

取扱会社それぞれのメリットとデメリットを把握して、自分に最適な取引会社で純金積立を始めましょう。純金を扱う以上、金についての世の中の動向や、価格変動は常にチェックするようにしましょう。

価格変動については、その変動の理由もしっかり理解しておくことが大切です。現在の状況とともに、これまでの金を取り巻く世の中の歴史も知っておきましょう。

過去を知ることは今後を予想する上で非常に参考になります。積立投資の失敗例として初心者の方に多いのが、月々の積立額を大きくしすぎることです。

当初は無理のない金額だと思っていても毎月ずっとひかれていくうちに厳しくなるという場合もあります。積立額は余裕のある金額に設定しましょう。

欲張って損をする例も多く見受けられます。焦ること無く安定運用を意識するのが、長期的には成功するコツです。

資産形成で大切なポイントとは?

投資による資産形成は過剰資金で行いましょう。生活資金を崩して投資に回すと精神的に余裕が持てないので、焦りが生じます。

資産形成するうえで焦りは禁物です。相場の変動に一喜一憂している状態だと、資産形成はなかなかうまくいきません。一時の感情や衝動的に動いて失敗するのを防ぐために、自分だけのルールを決めておくことをオススメします。

ルールを決めておけば、周りの雰囲気や勢い、ノリに惑わされることもありません。周囲に惑わされずに感情ではなく理論で資産運用をしていくことが資産形成を成功させるための重要なポイントです。

そして、自分にとっての資産形成のゴール、目標を明確に決めておきましょう。引き際をしっかり意識しておくことも大切です。あとできれば、信頼できる専門家を見つけられたら、より万全です。

そう簡単に信頼できる専門家は見つからないと思いますが、もし見つかったらあなたの資産形成を大いに助けてくれることでしょう。もし専門家をつける場合は、その人が能力的にも人格的にも信頼できる人物か、慎重に見極めましょう。

実際に信頼できる専門家を見つけるのはなかなか難しい作業です。万一、信頼するに値しない人物を専門家として迎えてしまった場合のリスクやダメージは計り知れません。取り返しのつかない事態だけは絶対に避けなければいけません。

そのためにも、専門家など外部の人に資産形成に関わることを依頼する場合は細心の注意が必要です。

金投資の種類

一口に金投資と言っても、様々な種類があります。代表的な投資商品を挙げてみましょう。

金投資の種類 純金積立(じゅんきんつみたて)
概要 毎月一定額で金を少しずつ購入する金投資。月々1,000円くらいから始めることができるので、投資のビギナーや若い方にも最適な方法です。また、取得した金の管理は取扱会社が行うため、忙しい方でも安心です。
こんな人にオススメ ・投資初心者や若い人
・ローリスクで金投資を始めたい人
・長期で資産形成をしたい人
・忙しくて投資に時間を割けない人
純金積立のメリットデメリット≫
金投資の種類 金地金(きんじがね)
概要 金の延べ棒(ゴールドバー)を購入する方法で、実物の資産を手に入れたい方にはオススメ。また、純金積立よりやや高い資金が必要なので資金に余裕があり自己管理ができる方、インフレに備えたい方が選ぶ金投資です。
こんな人にオススメ ・実物の金を手元に置きたい人
・自分で資産管理ができる人
・1度に150~300万円を投資できる人
金地金のメリットデメリット≫
金投資の種類 金ETF(きんいーてぃーえふ)
概要 運用のプロが多くの投資家から金(=マネー)を預かり運用益を得て投資家に配分する「投資信託」。株と似ており、株をやったことがある方にはオススメ。比較的に、ややプロ向けの商品。
こんな人にオススメ ・株の運用経験がある人
・資産運用のリスク管理ができる人
・リアルタイム(常に)価格変動が見られる人
金ETFのメリットデメリット≫
金投資の種類 先物取引(さきものとりひき)
概要 ある期日までにあらかじめ決めた価格で商品を取引する、「権利を約束する」取引(証拠金取引)。金で売買益を狙いたいという方に向けた投資商品ですが、ハイリスク・ハイリターン型の投資のためリスク耐性に強い方向けの商品です。
こんな人にオススメ ・資産運用のリスク管理ができる人
・ハイリスクハイリターンの投資耐性がある人
・投資の経験が豊富な人
先物取引のメリットデメリット≫

今さら聞けない、金投資の用語集

いざ「これから金投資や、純金積立を始めたい!」と思ってみたものの、専門用語に戸惑ってしまう人も多いのではないでしょうか。ここでは特に、純金積立に関わるような専門用語を厳選してみましたので、チェックしてみてください。

●純金

混じり物のない、いわゆる金無垢のこと。とはいえ、100%の純金は、技術的に作ることが難しいことから、金の含有量が99.99%あれば純金と言われます。ちなみに日本では法律により、1000分の995以上が純金のレベルとして定められています。

 ●スプレッド

金投資においては、1gあたりの小売価格と買取価格の差額を指します。通常、購入価格より売却価格が安く、差額は取扱会社のマージンとなります。少しでもスプレッドの小さい会社を選ぶようにしましょう。

●ドルコスト平均法

価格が変動する金に対して、毎月購入代金を一定にして購入する投資方法。金(ゴールド)の価格が安い時に多く、高い時には少なく購入できるようにすることで、全体の平均購入単価を平準化させるので、中長期の資産運用を行う際には有効な方法のひとつです。

●トロイオンス

国際取引単位として用いられる、金の単位(略号oztr・tozまたはoz)。実際にはオンスと呼ばれることが多いようです。1トロイオンス=31.1035g。円建てに替える際は、海外価格をトロイオンスで割り、1gあたりの米ドル価格を算出して、為替レートを乗じます。

●バーチャージ

例えば、金地金(ゴールドバー)を売買したり、引き出すなどした場合にかかる手数料のこと。特に重量500g未満の金地金に関する取引の場合、大手地金商などをはじめ、ほとんどの企業でバーチャージがかかります。手数料の内容は取扱会社によって異なります。

インフレ対策には金投資が最適!

金投資はインフレ対策に最適と大勢の投資家の間で話題になっていますが、その理由には金自体の価値が下がりにくいということ以外にも、市場が大きいという理由があります。また金は様々な製品に使用されているため、生活に必要な資源という部分も関係しているのです。

一般的に日常的に使用されている電子機器のほとんどに微量ではありますが、金は含まれておりジュエリーや衣服などにも使われることがあります。金と聞けば「高価なもの」というイメージを持つこともありますが、目に見えていないだけで実は身近な存在になっているのです。

インフレとは物価が上昇し続ける状態のことを指しており、お金の価値が同時に下がり続けることになります。多くの投資家たちはインフラが起きてしまうことで今まで得られていた利益が大幅に減少してしまうのです。

中にはインフラが起こることによって、マイナスを出してしまう投資家もいるでしょう。お金ではなく、物自体に価値のある金であればインフラが起きたとしても被害を最小限に抑えることができます。また場合によっては金の価値が高まり大きな利益を生みだすことも出来る可能性もあるのです。

インフラヘッジが行なえる唯一の投資法と言っても過言ではありません。

他の貴金属投資ではダメなのか?

金投資が人気を集めている理由は当サイトで説明をさせて頂きましたが、では他の貴金属投資はどうでしょうか?

金と同様に多くの電子機器や製品に含まれている銀や、希少価値の高いプラチナなども金投資のようにいくのではないか?と考えている方に金と他の貴金属投資の比較をした情報を掲載しているのでぜひ参考にしてみて下さい。

金投資に比べてどのようなメリット、デメリットがあるかを知っておくだけでも自分の投資に役立てるかもしれませんよ。

銀と金の比較

金と銀ははるか昔から人々の生活で利用されてきた貴金属になっています。今でも通貨の代わりとしてこれらの貴金属は利用されていますが、銀投資は金投資に似たような値動きを見せることがあります。

金に比べ、銀自体の価値は非常に安価になっており投資として始めるにも手が出しやすい価格に設定されていることが多いです。

しかし銀投資の市場は金に比べるとまだ小さく、値動きが大きく変動することもあります。小口で始めることができても、値動きに左右されやすく先読みの知識や経験が無ければ利益を出しにくいという部分が金投資のと違いと言えます。

長期的な運用やポジション確保になると金投資の方が有利となっており、デイトレードのような短期で売買を行なう手法を好む方には銀投資が向いているでしょう。

プラチナと金の比較

金よりも希少価値の高いプラチナではどうでしょうか?プラチナは自動車によく利用される貴金属となっており、次に宝飾品の需要が高いとされています。

使われる物によって価値は左右されてしまうのですが、プラチナの場合は自動車に多く利用されているため、車の売れ行きなどによって価値が変動してしまうのです。インフラなどが起きてしまうと自動車の価格も上がり、その素材となるプラチナの価値も上がります。

しかし肝心の車自体の売れ行きはインフラの影響を受けて伸びないケースもあるのです。こうした要因からプラチナ投資は金投資に比べ安定性が欠けていると言えるでしょう。またこのようなこともあって最近ではプラチナの価格が金を下回っている傾向にあります。

長期運用なら金投資

金投資の最大のメリットとしては政治経済に左右されず、影響を受けにくいという部分と言えるでしょう。

金融不安などが起こると株価や為替などは被害を受けますが、金自体の価値や需要は変わらず残り続けるため被害を受けるリスクが少ないのです。

価値が安定しているということは、金投資によって長期的な運用を行なうことも出来るということにもなります。安定性と需要の高い金投資は長い間投資者に利益をもたらしてくれるのです。

FXと金の先物取引の共通点

投資法として外国為替証拠金取引(以下FXと省略)は様々な人に行なわれています。実を言うとこのFXと金投資の先物取引の手法には共通点があるのです。

FXは取引を行なうための口座開設と証拠金を準備するだけで、倍率を上げ高いリターンを得ることができます。これは金投資の先物取引と同じで証拠金の準備さえ行なえば、手が出さないような大きな取引も可能になるということになるのです。

FXの知識やノウハウは金投資にも役立てることができるので、もし現在FXで投資を行なっている方で他の投資にも興味があるというのであれば、金投資の先物取引をお勧めします。FXで用いていた手法をそのまま活かせる可能性が高いので運用も行ないやすくなるでしょう。

また先物取引では、「買い」の選択肢だけでなく「売り」の選択肢からでも投資を始められます。これもFXと同じような仕組みになっているので、投資法や投資計画を幅広く展開することができるようになるのです。

売りと買い両方で投資を進めていけるため、状況に応じてリスクヘッジを行なうことも可能となっているのでより手堅く運用していくことが可能になります。これを機にFXから金投資に乗り換えてみてはいかがでしょうか?

自分に合った投資法を選択

金投資の代表的な投資法を4つ挙げましたが、どの投資法も特色があり得られる利益や運用法も異なります。自分に向いている投資法を選択することで金投資をより効率よく運用していくことができるようになるのですが、適正があるか見分ける方法として個人の性格との相性で確かめることができます。

例えば何事にも前もって備えたり、下調べを徹底的に行なう几帳面な性格の方であれば、リスクヘッジの行ないやすい「純金積立」が向いています。

前述しましたが、純金積立はローリスクで毎月決まった金額を金に投資する方法となっているので慎重に投資を進めていけます。また実物の金を自分で管理する金地金も向いているでしょう。

逆にせっかちで早く結果を出したいという方には、先物取引がお勧めです。先物取引は少ない金額で取引を始められるため、準備に時間を割きたくない方にはうってつけと言えるのです。

しかし先物取引はハイリスクハイリターンとなっているので、売りや買いのタイミングが重要となります。決断力も大切なので焦り過ぎずに時には慎重になって考えるようにしましょう。個人の性格で投資法の相性をチェックすることも金投資を成功させる1つの要因と言えるのでこの点も考慮してみるといいでしょう。

金投資の詐欺には注意が必要

金投資にはたくさんのメリットがありますが、実際の所投資には必ず利益が得られるという保証はありません。あくまでも他の投資よりも良い部分が多いというだけであって絶対に儲かるということではないのです。

金投資は一見すると様々な面で利益が得られやすい投資のように感じるでしょう。事実投資法や運用法をしっかりとしておけば利益は出しやすい投資とされています。ただしこのようなメリットを逆手に取った詐欺が多いのも金投資なのです。

金投資において詐欺の被害は年々減少していますが、それでもなくなったわけではありませんので、良い話だけの金投資は存在しないという意識をもって投資を始めましょう。

金投資の詐欺に遭わないためにもしっかりとした企業や証券会社を利用することが大切です。当サイトでは純金積立において信用のある証券会社を数社ピックアップしているため、これから金投資を始めようとしている方や興味がある方はぜひ証券会社のホームぺージを参考にしておきましょう。

詳しい内容や詳細については各企業のホームぺージからメールで問い合わせることも可能です。ヘルプセンターを設けている企業もあるので、電話で直接やり取りを行なえますので初めての方でも安心して始めることができるでしょう。

~ご確認ください~

このサイトに掲載している内容は、インターネット等の情報をもとに、
個人が独自にまとめたものです。
手数料、年会費などの料金やサービスなどの詳細は、必ず各取扱会社の公式サイトをご確認ください。