金投資による低リスク資産運用のススメ » 金投資の種類とメリット・デメリットを徹底比較

金投資の種類とメリット・デメリットを徹底比較

4つの金投資、純金積立・金地金・金ETF・先物取引を調べて比較してみました。それぞれのメリットデメリット、向いている人とは?

金投資4つの手法を比較

金投資の4つの種類について説明しています。
一口に金の投資と言っても、取引形態や手法、リターンやリスクなどの違いでさまざまな違いがあります。

ここでは、とりわけ取引の多い純金積立、金地金、金ETF、先物取引の4つについて、
メリットやデメリット、どんな人に向いているのかも含め詳しく紹介していきます。

ちなみに、上記4つ以外にも日本では取引数は少ないですが、次のような投資手法もありますので参考までにご覧ください。

投資信託
金ETFと違って、上場していない投資信託の商品であること。
1万円程度から購入可能だが、値動きが激しい。

地金型金貨
数十万円程度の資金がある方に向いている商品。
リターンもリスクも低い。

金CFD
レバレッジで、手持ち資金の最大20倍までの倍率をかけて投資できる商品。
1万円程度から購入可能だが、リターンもリスクも高いため、豊富な投資経験がある方でないと上手な運用が難しい。