第一商品

金の取り扱いとしては名高い第一商品について調べています。第一商品は、純金積立ではなくて「金地金」を推奨している会社であり、金地金に関しては口コミの良さからも評判の高さが伺えます。

金地金で大好評の第一商品の特徴や口コミとは?

第一商品の金地金についてリサーチしています。是非ともご参考にしてみてください。

第一商品の特徴と実績

第一商品の金価格

第一商品の金地金販売価格は、東京商品取引所の金先物価格を元に独自で価格の設定をしています。売値と買値の価格差は1グラム当たり31円~32円と、他社と比べても半分以下の価格なので非常にお得であります。
金地金は、主に銀行、貴金属商、商品先物取引業者などで販売されています。そもそも、各業者によって価格が違ってくるのですが、主な理由としては流通コストや販売マージンの違いがあるからなのです。ちなみに、第一商品では自社では製造をしていません。必要に応じて現物業者から仕入れるため、余計なコストがかからず安い価格での提供が可能となっているのです。

第一商品の情報力

第一商品では、24時間体制の専門部署「フューチャーズ24」を設置し、マーケットに関する情報の収集や分析、発信まで全てこの部署で滞りなく行っています。金市場だけでなく、関連する株式、為替、債券市場までカバーしています。専門のアナリストが世界中の情報をより多く集め、的確な分析で付加価値の高い判断材料を提供しているのです。
大事な資産を守るためには、より多くの情報や分析、判断が必要とされます。第一商品はその全てを高いレベルで有していると言っても過言ではありません。金に関してはとても良いパートナーになれることでしょう。

金地金の投資は「1kg」が最も効率的

金地金の購入なのですが、5g、10g、100g、1kgなど、様々な種類が存在しています。ただ、少量からの購入には注意が必要となってきます。そもそも、500g未満だと「バーチャージ」と言われる手数料がかかってしまい、物によっては純金積立よりも割高になってしまいます。

金地金の標準サイズは「1kgバー」であり、他のサイズの金地金や純金積立と比べて、売買コストが割安になってしまいます。ですので、金地金を購入するのであれば1kgが最も効率的だと言えます。

ただ、2017年7月時点で金地金1kgの販売価格は、482万円とかなり高額な値段となっています。そのため、金地金に関してはまとまったお金を投資したいという人向けの投資法ということがわかります。
購入する際の注意点なのですが、取り扱っている会社によって販売価格に大きな差があるということです。上記でも説明していますが、金地金は、主に銀行、貴金属商、商品先物取引業者などで販売されています。そこで、1kgの金地金を割安に購入できる取引会社は、商品先物取引業者になります。その理由は、そのときの必要に応じた量を金市場から直接取り寄せているため、製造費や在庫の保管などの余計なコストがかからないので、有利な販売価格が付けられるからなのです。

純金積立は時間がかかる

金地金の保管に関してなのですが、自宅に置いておけば保管料もかかりませんのでタダで済みます。しかし、紛失や盗難といったリスクは覚悟しておかなければなりません。そこで、専用の金庫や貸金庫を利用するという手があるのですが、こちらに関しては利用料というのはどうしてもかかってしまいます。安くても半年で約8,000円程度、物が大きくなれば半年で23,000円程度かかるとされています。その点、純金積立であればこういったコストは一切かかってこないのです。
こうしてみると、それなりに時間をかけてでも構わないという人であれば純金積立が向いているかと思います。実際、少額から始められる純金積立は若い人にとても人気があるのです。
とはいえ、少額から始められるというメリットはありにしろ、まとまった資産となれば相当な時間がかかってしまいます。例えば、毎月3,000円積立をすると、1kg貯めるのに約134年かかると言われています。これでは金投資の大きなメリットである「資産保全の効果」は期待できません。まとまったお金があるのでしたら、金地金の方が確実に大きな資産にはなることでしょう。

第一商品の口コミ評判

  • 商品先物業界では大手であり老舗です。ジャスダックに上場もしているので、怪しげな業者の多い商品先物取引業者の中でも、信用できる会社だと思います。
  • 第一商品さんは金の取引で実績があるため、安心して取引ができます。その他の商品先物取引に関する情報も多いので、充実した取引ができる会社です。
  • 年初よりチャレンジャーを利用している者です。まず信頼度ですがやはり会社の信頼度だと思います。私は上場企業であることと金での実績などから信頼できる企業であると判断して取引を始めました。
    追加証拠金の発生を極力抑えるにはやはり、レバリッジをどこまで利かすかが重要だと思います。たとえば、米ドル5万ドルを買う場合、50万円で買えますが、500万円を証拠金であずけて置けば、1ドル=1円まで証拠金が発生しません。
    ここまでしなくても、200万円あずけて米ドル5万ドルを買うと、1ドル=70円くらいまで証拠金が発生しません。(正確な数字は担当者に聞いて見てください)分散投資ですが、為替である以上完璧なリスク回避は不可能でしょう。
    複数の通貨をもつことで、米ドルの損をポンドの利益で補填といったことができますが、両方損する場合もありますし、逆に両方得する場合もあると思います。
    ただ、円建てだけでなく米ドル建てとかもできますので逆の予想の場合でも投資できるのがチャレンジャーの強みであると思います。このへんは第一商品の担当者に直接聞いてみる方がいいかと思います。私の担当者はとても丁寧に説明してくれましたよ。私が第一商品と取引して、よかったと思うのが担当者の丁寧さと、情報の信頼度でした。

会社概要

  • 社名:第一商品株式会社(英文名:Daiichi Commodities Co.,Ltd.)
  • 本社:東京都渋谷区神泉町9-1
  • 設立:1972年(昭和47年)11月8日
  • 資本金:2,693,150,000円
  • 営業拠点:渋谷本店・日本橋・新宿・千葉・埼玉・横浜・大阪・名古屋・仙台・和歌山・広島・高松・福岡
  • 従業員数:290名(平成30年4月現在)
  • 事業内容:商品先物取引業(商品取引所に上場される商品の売買及び売買取引の受託)、貴金属の現物販売業務
  • 加入取引所:株式会社東京商品取引所、株式会社大阪堂島商品取引所
  • その他会員加入:日本商品先物取引協会、日本商品先物振興協会、株式会社日本商品清算機構、日本商品委託者保護基金
  • 海外商品取引所加入:ニューヨークマーカンタイル取引所(COMEX)
  • 取引銀行:みずほ銀行、りそな銀行、三井住友銀行
  • 会計監査人:海南監査法人
  • 決算期:3月